capm

雑記 2012/01/26

2012年になってからもうすぐ1ヶ月が経とうとしております。

寒さと乾燥のせいか弊社では風邪が流行っておりましたが、やっと本調子に戻りつつある者も出てきました。
私は、かれこれ2週間ほど長引かせており、基本的な体力が年齢とともに弱っているのかなと悩んでいる次第です。

さて、今回は私の学生時代の先輩の言葉を紹介してみようかと思います。
私は、男子だけの学生寮におりましたので、他の一般学生よりは上下関係が厳しい組織にいたと思います。
先輩が自分たち(後輩)に対して、一見不条理なことを言っていると感じたこともしばしばありました。

そんな中で、当時リーダーだった2つ上の先輩が総会で次のような言葉を言ったんですね。
「無理なことと思ってもしてみてほしい。ただし、無茶なことはしなくていい。」

無理と無茶というのもイメージはできるものの、言葉単体での正確な定義は微妙なところがあります。
ネット辞書(goo)によると、以下のようになっています。
 無理:①物事の筋道が立たず道理に合わないこと。また、そのさま。
     ②実現するのがむずかしいこと。行いにくいこと。また、そのさま。
     ③しいて行うこと。押し切ってすること。また、そのさま。
 無茶:①筋道が立たず、道理に合わないこと。また、そのさま。
     ②程度がはなはだしいこと。また、そのさま。
     ③知識がないこと。また、そのさま。

以上のように、無理の①と無茶の①は完全に重複しております。
今回は、先輩は無理を①、無茶は②として考えてみたいと思います。

つまり、
「(先輩からの命令が)物事の筋道が立たず道理に合わないと思っていても実行してみて、
あまりにも筋道が立たず道理に合わないと思った場合はする必要はない。」
と置き換えることが出来ます。
無理なことが究極的になると、無茶になるという仮定です。


何でこの言葉を紹介したのかというと、業務中に上司の指示を受けたときに、
無意味であるとか効率が非常に悪いと感じることがあります。
ただし、その指示は、時間が経過し役立つこともあるし、そのことを疎かにしたことによって問題が発生してから、
指示内容の必要性の理解が出来ることが多々あります。

「木を見ずに森を見よ」という言葉がありますが、経験や知識がある方が森を見やすいし、
少なくとも一般的には部下よりも上司のほうがそうある可能性が高いでしょう。

実際に森を見てるつもりでも、木しか見てなかったことに気づくと(特に指示を疎かにしていた場合は)
非常に悔しく情けない気持ちになってしまいます。
人は、プライドも感情も持っていて当然だし、それがあまりにも欠如していても問題だとは思いますが、
自分と他人の可視範囲は比較検討しながら、それぞれの意見を自分の中で整理しなければならないかもしれません。

本当に自分が専門的知識を持っていることに対する変更指示や、周りに迷惑をかけることなどは、最初に言っていた無茶に該当するでしょう。

ですが、先輩の言葉をふと思い出し、多少納得していなくても、もう少し無理なこともしてみようかと思った次第であります。

なお、その先輩と先日会いましたが、学生時代よりも30kg程太っていて、無理なことしすぎるのもやはりよくないなと思いました笑

(文責:capm)
 

メタ認知

 先日、知人と飲んでいる時に、面白いキーワードを教えてもらいました。

 そのキーワードとは「メタ認知」です。Wikipediaによると、「メタ認知(メタにんち)とは認知を認知すること」となっています。認知を認知するというのは、知っていることを知っていると言い換えることが出来ます。哲学者ソクラテスの「無知の知」は、知らない(という)ことを知っているということであり、こちらもメタ認知であると思います。

 メタ認知能力は高ければ高いほどよいそうです。

 身近な具体例を一つ考えてみたのですが、普段Aさんが行っている仕事をBさんに依頼したとします。Aさんは普段からその仕事を行っているわけですから、目的や前提条件や留意点など当然知っています。Bさんはそれらのことを知りません。AさんとBさんのその仕事における認知の違いをAさんが把握(認知)していないと、Bさんがその仕事を遂行するために伝えておかなければいけないことを伝えきることが出来ません。つまり、Aさんが自分はその仕事について周りの人と比べてどれだけ知っているかということを自分自身で認識していないと、今回の仕事はうまくいかないということです。

 そういえば、学生時代に「○○さんは賢い。」と先輩が言っていたので、「どう賢いんですか?」と聞いたら、「知らないことをすごくわかりやすく教えてくれる。」と言っていました。これは、○○さんのメタ認知能力の高さに依るものではないでしょうか。

 メタ認知能力を頑張って高めていこうと思っているのですが、中々難しいです。何かいい方法があれば教えてください(笑) 

(文責 capm)

雑記

 こんにちは。
㈱玉山工業のHPを見ていただいてありがとうございます。

 このブログでは若手社員数名で、特に事業内容とは関係ないことをつらつらと書いてみようかと思います。

 さて、初回のブログなのにいきなり本題に入りますが、今回は僕の好きな言葉(のうちの一つ)を以下に紹介してみようと思います。

「停滞は死滅である」

 もはや説明は不要であると思いますが、偉大なる政治家であり、早稲田大学の創設者でもある大隈重信公の言葉です。

 僕のこの言葉に関する最初の理解は、
「停滞という言葉を言い換えると死滅とも言える。」といった解釈でした。

 しかし、最大の要点はそこではなく、停滞(原因)が死滅(結果)を招くという意味ではないでしょうか。

 すなわち、
「結果として停滞するのはやむを得ず(肯定も否定もしていないと思いますが)あり得るけれども、結果に至るまでのプロセスにおいて停滞していると、もはや結果として衰退していき、最終的には死滅してしまう。だからこそ、常に置かれている状況下で最善と思われることを考え、実行すべきである。」ということが言いたかったのではないかと思います。

 企業は社会の一員であり、国家という単位であれば国際社会の一員です。属するコミュニティが、どのように変化するかを常に捉え対策を練らないと、コミュニティでの相対的地位は低くなり、影響力は最終的にはなくなってしまいます。実際に一世を風靡した名だたる企業でさえも現実に倒産していることから、この「停滞は死滅」というのは歴史が証明していることは言うまでもありません。当時は明治維新が起こって、日本社会がめまぐるしく変化している真っただ中だったと思うのですが、グローバル化やITの発達などをはじめとして、今現在もまさに同じことが言えるのではないでしょうか。ある種のパラダイムシフトが起きている今、状況に嘆くことなく、ポジティブ思考で頑張りたいと思います。

 長くなってしまいましたが、日頃の雑感を更新していきたいと思いますので、HPと併せまして弊社のスタッフブログも宜しくお願いします。

 (文責 capm) 

1
PAGE TOP