ホーム > スタッフブログ > 金子さんメモ

金子さんメモ

金子浩一さんのメモより②

なぜ気文化なのか 

 

では、なぜ気と呼ばれるものに世界を変えていくような力があるのでしょうか。テレビで、スピリチュアルに関連する番組がヒットして、スピリチュアルもすっかり社会権を得て来た感もありますが、まだまだ霊とか非科学的なものは信じないという人も多いのではないかと思います。ただ、霊とか言わなくても、心とか魂とかいう言葉は何となく理解できる、という方は以外と多いのではないでしょうか。最近は、科学の発達とともに、心は脳の働きに過ぎず、脳科学で証明できるといった風潮もありますが、同時に科学的に全てを分かるとは思っていない人も多く存在し、宗教やスピリチュアルという分野も、多くの人を集めています。死後の世界はない、と言いながら、死を前にして宗教に興味を持ち出す人も多いと思います。 

 

私は、気とは物質世界とスピリチャルな世界とを結びつけるものだと思っています。スピリチャルな世界は、気という媒体を通して、初めて物質世界に影響を及ぼせるのです。それは、あたかもクルマがタイヤで地面を捉えて初めて前に進めるように、霊とかスピリチャル的な存在は、人間も含めて、気という媒体を通して初めて物質世界に影響を与えることができると、私は考えています。 

 

気文化の意味: 実用的側面より 

 

日本ではあまり有名ではありませんが、欧米では有名なスピリチャルリーダーの一人であるスチュワート•ワイルドは、「色々なスピリッチュアルの手法を試したけれど実用的なものは、気のエネルギーの活用しか無かった」といって『クイックニング』という手法を提唱されています。 歴史的にみても、神々とか霊的存在が直接物質的現象を起こしたことはあまりありません。イエス=キリストの奇跡で多くの群衆にパンや魚を配ったというのがありますが、ギリシャの神秘思想家ダルカロスは、これはエーテル、日本でいう気の領域で実現されたものだと述べています。また、イエスの死後の復活が、エーテル=気の領域で起きたことではないかというのは、多くの霊的研究者が指摘していることでもあります。 史実に残る霊的な現象にしても、天候のコントロールや病気治しというものが多く、あまり直接的に物質に影響を及ぼすものはありません。後で説明しますが、天候のコントロールや病気治しというのは、気のレベルが最も得意とするところです。 

 

気文化の意味: 歴史的背景より 

 

多くの方は、シュタイナー教育という言葉を聞かれたことがあると思います。ドイツの神秘思想家シュタイナーが提唱した教育法で、今や世界中に広がっています。彼の教育法は、人間が、肉体の他に気の体、感情の体、思考の体という体を持っており、肉体が0~7歳、気の体が8~14歳、感情の体が15~21歳、思考の体が22~28歳に成長するという思想を背景に構築されており、他の教育法とは一線を画すユニークなものになっています。 人間の体の成長がもしそうであるなら、社会の進化もそうではないかと、私は考えています。肉体の体、すなわち物質文明が成熟して次にくるのは、気の体、気の文化•気の文明の時代ではないでしょうか。そして、それを象徴するかのように、現代には気に関する情報が世界中に広がっています。マンガやアニメの中では、気を操る主人公達が活躍し、全世界の子供達を熱狂させていますし、大人の世界では風水によるビジネスの発展を真剣に考えていたりします。太極拳や合気道といった気を扱う武道は、単に武道としてだけではなく、健康法としても世界的に広がっており、気=エネルギーの高い場所であるパワースポットや、気=エネルギーの高い宝石であるパワーストーンは日常生活の中にとけ込んでいます。そして、これらは、スピリッチュアルが社会的に認知を得た、というよりはるかに広く、全世界レベルで広がっています。 

 

気文化の意味: 普遍性、安全性について 

 

アセンションを迎えて、人の霊的能力が覚醒するという話もありますが、2012年の現在でも、霊的能力という話でいえば、そういう能力が目覚めているという人は、100人に1人とか1000人に1人とかいったレベルではないでしょうか。 さらに悪いことには、自分で目覚めているとか、能力があるといっている人の多くが、思い込みであったり、唯我独尊で実用に耐えないレベルであったりします。私は、霊的な情報を扱う場合、かならず2人(自分も含めて)以上で情報をとって検証しながら利用するようにしていますが、そういう検証に耐えれる能力者はかなり少数です。 でも、気のレベルなら違います。私の感覚では、10人中7~8人ぐらいは簡単に使えるようになります。使えないのは、トリックを見破ってやろうとやっきになっている人とか、自分にはそういうことができないと、強く思い込んでいる人ぐらいです。みんな自分で感覚が分かりますので、人の言っている感覚が分かりますし、変な話にだまされることもありません。


 

金子浩一さんのメモより

 

はじめに 

 

2012年に大きな変化が起きる、とか場合によっては世界が終わる、みたいな話が言われています。もともとマヤ暦というネイティブ•アメリカンの暦が、2012年に終わることがきっかけとなって広がった話ですが、宇宙人とか霊からの情報を取ることができるという人たち、いわゆるチャネラーという人たちも同様な話をはじめたために、広くこの説が広がることになりました。ただ、その変化についての捉え方は人によって様々であり、普通の常識ではあまり理解できないものも多く存在するため、まだごく一部の人だけが真剣に信じているという感じではないでしょうか。 

 

ただ、普通に世界の現状を見ても、国家間の争い、経済問題、エネルギー問題など、世界が曲がり角に来ていることは、明らかだと思います。この様々な課題に対し、人類が今までと同じようなあり方でクリアして行ける、と考える人は少ないのではないでしょうか。そういう意味で、大きな変化が起きるというより、大きな変化を起こさないと人類に未来はない、と言っても良いかも知れません。 

 

アセンションという言葉も最近はよく耳にします。次元上昇と訳される言葉ですが、大雑把にいうと人類が一段と高いレベルに進化するという説です。人類は、進化することによって初めて、現在直面している課題をクリアできるとすれば、この説もあながちデタラメとは言えないかも知れません。 

 

では、ポイントはどういう進化をするか、ということになるかと思います。そして、それが、この文の主題でもあります。私は、それを『新しい気文化』の登場と捉えています。それについて、これから詳しくお話をさせて戴きますが、『気』とかいうと、病気治しとか、武道とかしか連想できない人が多く、『なんだ、ただの病気治しか』みたいな反応をする人もいるのですが、そうではなく、社会や人類を根本的に変えていくものです。 

 

昔、インターネットがまだ普及していなかった頃、私が知人にインターネットでホワイトハウスの情報を紹介したところ、時間がかかり過ぎて使いものにならない、という感想を持ったと言っていました。しかし、それから10年以上たって、インターネットが世の中を変えているのをみて、その時の感想は誤りだったと言っていました。 

 

この『新しい気文化』についても同じようなことが言えるのではないかと思います。現時点では、良く分からないかも知れませんが、10年後、20年後、世界を大きく変えて行くでしょう。そして、それは人類の様々な課題を解決しながら、楽園のような世界を創り出して行くと私は信じています。 

 

では、その『新しい気文化』について、詳しい話をみて行きたいと思います。 

1
PAGE TOP